2018年06月22日

続・デイサービス勤務 5日目 「生存報告」

ご無沙汰しております。
生きてます。
ついでに言うと介護の仕事も続けております。


早いもので、新しい職場になって二ヶ月半が過ぎました。
とりあえず一通りの仕事は覚え、毎日をこなせるようにはなりましたが、当然のことながら任せられる仕事が激増しました
その内容は送迎業務・連絡帳作り・入浴介助・その他デスクワーク等多岐に渡りますが、実はこれらの業務は『この職場においては基本的には最低でも3か月以上は勤務して慣れ・適性を見て初めて手を付けるもの』ということらしく、僕自身は異例とも言えるスピードで業務を任されたらしいです(事実僕が入浴介助を始めた時点で、先輩にあたる人がまだ入浴介助をやったことがありませんでした)。

その一方で日常的なトイレ介助や車椅子移乗など、まだまだ一人前にはできてなかったり、指導を受けたりする場面が結構あったりではありますが、毎日の過ごし方に対して新たな仕事を任せられるという形で評価をしてもらえているというのは、少なからず自信になっています。


とは言え、「みんながやっていて自分がやっていない、これから覚えなければならない仕事」はまだまだたくさんあります。
モニタリングや施設内レクリエーションの進行や外出レクの企画・実施、入浴介助ではなく更衣室の仕切りに備品の発注等々。
正直挙げればキリがないほどあるのはわかっているので、現状に慢心せず、向上心を持って続けたいと思います。
posted by サブロウ at 23:20| Comment(0) | デイサービス勤務記録 第2章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください